増大サプリ 包茎手術 矯正器具

包茎を改善したいなら増大サプリを選ぶべき3つの理由

包茎改善方法

 

仮性包茎を改善する方法、色々ありますよね。特に、お金をかける改善方法に関しては、

  • 包茎手術を受ける
  • 包茎矯正器具を使う
  • 増大サプリを使う

このような3つの方法があります。

 

しかし、最も優れた方法は「増大サプリ」を使うことです。

 

その理由をご説明しましょう。

 

 

増大サプリを使う方法が優れている3つの理由

まずは、包茎手術、矯正器具、増大サプリの3つの方法の特徴、メリット・デメリットを表にまとめてみました。

 

  包茎手術 矯正器具 増大サプリ
費用 5万円〜10万円 3千円〜3万円 1万円〜1万5千円
期間 すぐに治る 1ヶ月〜半年 1ヶ月〜3ヶ月
副作用・後遺症 後遺症が残る可能性がある 亀頭を痛める事例多し 副作用はない
メリット ・即効性がありすぐに治る

・確実に包茎を改善できる

・器具の値段は安い

・一度買ったらずっと使える

・値段が安い

・副作用がなく安全

デメリット ・手術痕が残る可能性がある

・ヒアルロン酸やコラーゲン注射は直ぐに効果がなくなる
・持続性のある薬剤は高額
・手術後1ヶ月は性行為ができない
・失敗すれば一生後遺症が残る

・亀頭を痛める事例が多い

・効果に個人差が激しい
・毎日続けるのが困難(器具の装着に複雑なものが多い)
・剥き癖を付けるだけでペニスのサイズは変わらないため付けていないと包茎は改善されない

・効果に個人差がある

 

上の表を見ると、増大サプリがいかに優れているかが分かります。

 

私もこのように分析し、増大サプリが優れている3つの理由というのを見つけました。

 

後遺症や副作用がない
費用が安価で手間がない
包茎はペニスサイズを大きくするのが有効
後遺症や副作用がない

増大サプリは天然成分を使っているため、副作用はありません。

 

私も体験済みで、副作用はありませんでした。そもそも薬ではなく、サプリメントなので、副作用はないのです。

 

ただし過剰摂取は厳禁です。

 

水にも致死量があるように、過剰摂取によって健康被害がありますので注意してください。

 

増大サプリメントは副作用なし

 

費用が安価で手間がない

包茎手術は確実に包茎が治る反面、費用が高く(保険が効きません)、ヒアルロン酸などは体内に吸収されるため効果は2〜3ヶ月と言われています。

 

矯正器具はピンキリなのですが、増大ポンプやリングなどは装着や器具の掃除は相当面倒です。小便の時に外さないといけませんし、SEXの時に付けっぱなしにしていたら、確実にバレます。

 

その点、増大サプリは飲むだけ。しかも、1ヶ月1万円チョットで、3ヶ月使ったとしても3万円チョットです。

 

増大サプリは費用対効果が高いのです。

 

増大サプリメントは安い

 

包茎はペニスサイズを大きくするのが有効

そのまんまです。

 

包茎はペニスのサイズと皮の大きさが関係しています。

 

ペニスのサイズに対して、皮が余っているために包茎になっています。

 

包茎を改善するにはペニスを大きくするか、剥き癖を付ける方法しかありません。

 

包茎を改善したいなら、手術よりも、矯正器具よりも、増大サプリと剥き癖を付ける方法を併用するのが最も有効な手段なのです。

 

増大サプリがおすすめの理由

実際に私は、包茎を改善するために、剥き癖を付ける方法を3ヶ月試している間に、2ヶ月間増大サプリを飲んで、包茎を改善できました。

 

私が一番気にしていたのは、お金をかけたくないこと、手間をかけたくないこと、誰にもバレたくないこと、の3つです。

 

増大サプリであれば1ヶ月分(1箱)が1万円程度です。

 

また、矯正器具のような装着の手間がなく、することは「飲む」だけです。

 

さらに、手術や矯正器具は誰かにバレる可能性が高いのに対し、増大サプリを飲むだけなら誰にもバレずに包茎を改善できます。

 

増大サプリメントと剥き癖

 

私と同じように3ヶ月で包茎を改善したいのなら、「剥き癖を付ける」+「増大サプリを飲む」の方法を実践してみることをオススメします。