剥き癖,サプリメント,メリット,デメリット

剥き癖とサプリメントのメリットとデメリット

ペニスの皮の剥き癖を付ける方法とサプリメントによる、包茎解消についてこのサイトでは紹介させて頂きました。
基本的に病院に通って包茎を治してもらう方法を除いては、包茎解消に関してはこの2つの方法が比較的有名な方法です。

剥き癖,サプリメント,メリット,デメリット

私としてはリスクがあるとされている剥き癖を付ける方法はオススメすることはできません。
私自身が包茎を改善できたサプリメントによる方法をオススメして頂いているのですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。
どちらの方法の方が100%良いってことはないんですね。
それぞれのメリット、デメリットを把握した上で自分で選択して頂ければと思います。

 

剥き癖とサプリメントのメリット・デメリット

剥き癖のメリット

  • 器具の値段が安い。
  • 自分で剥いたりして癖を付けるのであればお金がかからない。
  • 器具は一度購入すれば良い。

 

剥き癖のデメリット

  • ペニスが炎症を起こしたりしやすい。
  • 最悪のケース致死の場合もある

 

 

 

サプリメントのメリット

  • ペニスが硬くなる
  • ペニスが長くなる
  • 自然にペニスが大きくなるので、安全に行える。

 

サプリメントのデメリット

  • 値段が剥き癖を付ける方法より高い。
  • 1箱で解決しなければ、2箱目も購入する必要がある。

 

以上が各方法のメリットとデメリットになります。
2つを比較してみて分かるのですが、

「リスクがあるけどお金が掛からない方が良い!」という方は、剥き癖を付ける方法を選ばれるのが良いと思います。
逆に
「男のペニスは大事な物だからリスクは犯したくない、その上で多少お金がかかるのならしょうがない。」と考える人に、サプリメントは向いている方法になります。

何度も言うように私としては、断然サプリメントによる方法がオススメです。

男としてはペニスは非常に大事な物だと思いますので、少しでも危険のあることをするのは、もの凄いリスキーなことだと思います。

多少お金が掛かるからといって、リスク的な部分を考えれば決して高くない金額だと思います。
ついでにペニスが大きくなるなどの効果も付属していますしね。
剥き癖を付ける器具であれば、異変が起きてからサプリメントに変えようと思っても器具代は無駄になりますし、病院への通院費もかかります。
しかしサプリメントであれば、返金保障などもあったりするので、金銭的なリスクも回避することができます。
総合的に考えると断然サプリメントで包茎を改善する方が良い!という結論に至るのです。