ペニス,剥き癖

ペニスの皮に剥け癖をつける方法のたった一つの欠点

ペニスに向き癖つける欠点

 

海外などであれば包茎の人は沢山いると言われています。
そのため、海外の人からしたら包茎は見慣れているものでもありますし、
たとえ包茎であっても気にしない人が多いです。

 

もちろん、女性に関しても包茎の男性に関して何も感じないといわれています。
包茎のペニスを見慣れているってのもありますからね。

 

しかし、日本ではそうはいきません。
日本でも、包茎の人は1割ほどいると言われていますが、
実際にはわたしは包茎の人をそんなに見たことがないです。

 

私自体が以前、仮性包茎で悩んでおり、
そういった人たちの気持ちは分るのですが、
大抵の人が温泉でペニスを隠したり、浴槽内で皮をむいたりする人が多いと思います。

 

とは言え、実際問題温泉や銭湯などに行くとそういった人達を見かけるかと言うと、
ほとんど見かけないです。

 

と言うかわたしはほとんど見たことがないです。
確かに私も以前、仮性包茎で悩んでいたので、
あまりそういう場所に行きたくないという気持ちはあるのが分るのですが、
それでも人付き合いをしているとどうしてもそういった機会はあるもんです。

 

しかし、ほとんど見かける機会はないのですよね。

 

包茎に関する日本人の考え方は、はっきり言って、不清潔であったり、
臭かったりと決して良いものではありません。

 

風俗嬢などになると、色々なペニスの相手をする機会がありますが、
その中でも、特に包茎の人の相手をするのは嫌みたいです。

 

だって臭い訳ですから、相手にしたいとは思わないですよね。

 

こういったこともあり、私は自分の包茎を治したいと思いました。
とは言え、病院などに行くのには抵抗がありました。

 

金銭的な面もありますが、他人にペニスをまじまじと見られるのは恥かしいですし、
なにより、皮を切ると言う行為が怖いんですよね。

 

男として大事な部分ですので、何かあったらと考えるととてもではないですが、
病院に行く気にはなれないです。

 

ペニスに向き癖をつける事を決意

 

そこで、私はペニスに剥き癖をつけて包茎を治そうと思ったんですよね。
これであれば誰に知られる訳ではなくお金も掛からないので良いかなと思ったんです。

 

もともと子供の時よりペニスに剥き癖をつけて、包茎にならないようにしたりするのが大事だったりするみたいです。
しかし、私はそんなこと全く知らなかったですし、そんな事してきませんでした。
とは言え、そういった方法があるのであれば、今からでも遅くないと思ったんです。

 

それで最初は自分で良く剥いたりするようにしてました。
しかし、やってみると分るのですが、いざ、剥きはするものの少したったら
また、ペニスに皮が被った状態に戻ってしまいます。

 

そのため、その都度剥いたりしなければいけない訳ですが、
こうなるとしょっちゅうペニスを触っていなければいけなく、手間がかかります。

 

何より、外ではそんなことできるわけもないので、自宅の中限定と言うことになります。
1週間程できるだけ自宅にいるときは何度も剥いて剥きぐせがつくようにしてました。
しかし、限界を感じたんですよね。
手間がかかりすぎると・・・。

 

それで、向き癖をつける器具なども購入してみました。
これであれば装着していれば良いだけでペニスを何度も触ったりする訳ではないので、
手間もかかりませんし、外にいても常にペニスの皮を剥いた状態をたもてるので、
すぐに、包茎も治せると思ったんです。

 

それで使用をはじめてみると確かに手間はかからないと言うことを感じました。
しかし、私はすぐに装着するのを止めてしまいました。

 

ペニスに向き癖をつける欠点とは??

 

その理由というのも、痛みを伴うんです。
今まで皮に被っていたペニスを強制的に皮をめくって露出させているので、
そのめくれた部分のペニスがパンツなどに触れると痛みが出てくるんです。

 

こればかりは包茎の人でしか実感できない痛みだと思うのですが、
パンツにこすれたりしなくとも、風が当たったりするだけでも痛みがあったりします。

 

普通の人であれば、ゆっくりと体の成長に伴ってペニスも成長していき、
ちょっとづつちょっとづつペニスが現れてくるのでこういった痛みはないんだと思います。

 

しかし、包茎の人がいきなりペニスにあらわにすると、ペニス自体が刺激になれていないので、
痛いのですよね。

 

でしたので私は剥け癖を付けることにより、皮に包まれたペニスを治す方法はあきらめました。

 

 

増大サプリについてはザゴールドがおすすめです。
ザゴールドについて知りたければ下記より

 

ザゴールド